Google

Yahoo! JAPAN



餃子の王将リンク集

餃子の王将(ぎょうざのおうしょう)は、京都府京都市山科区に本社を置く王将フードサービスが京阪地区を中心に全国展開する、関西風の餃子を売りにした中華料理チェーンの名称。通称は「王将」、「京都王将」である。 関西圏を中心に、「大阪王将」との名のつく中華料理店が存在するが、これはイートアンドが展開する店で別系列である。王将フードサービスの創業者の一族が独立して始めたものだが、その後のチェーン展開で競合しかけたため問題となった。詳細は、後述の「のれん問題」を参照。

1967 年(昭和42年)12月25日に京都市の四条大宮にて開業し、その後全国に展開中。1970年代後半からは東京地区に積極的に出店している。出店概要は、繁華街・駅前型から郊外型など幅広いエリアに出店している。店も小さなタイプから幹線国道沿いのロードサイドの大型店舗など幅広い。また、かつては和食部門にも進出していたが、現在は縮小して、中華料理一本への体制になっている。ただし現在も「いけすの王将」として僅かながら和食部門が残っている。また、八幡市にある八幡店のように回転寿司を中華料理と併設している店舗がある。(尚、1号店の四条大宮店は、元来賃借物件であったが、阪急大宮駅の非常通路設置に伴うビル解体に際し、当該土地を購入して自社ビルを新築、2009年9月25 日にリニューアルオープンしている。営業再開当日は関西のマスコミの取材が多く見られた) 展開状況は2009年3月31日現在、中国における直営店6店舗を含む直営店344店、フランチャイズ店183店。関東、東海、北陸エリアへの新規出店を積極的に行っている。2006年3月には栃木県に宇都宮IPV店を、2009年2月には島根県に松江学園店を、同年12月には宮城県に仙台一番町店[1][2] をそれぞれ出店、3県に初出店した。 西日本地区と東日本地区の分水嶺は静岡県にあり大井川を想定と推測される。浜松店までが西日本メニュー、焼津店からは東日本メニューとなっている。メニュー設定、キャンペーンや価格が多少異なり、2008年5月現在、餃子単品で東日本価格が西日本価格より21円高く設定されている。 2005 年8月には初海外進出として中華人民共和国・大連へ出店を果たした。「餃子の王将」が餃子母国へ凱旋帰国!をキャッチフレーズに、本場中国に和風中華料理を逆輸出する形で話題にもなった。CMからのキャッチフレーズである「食は万里を超える」を実践する意気込みである。なお、日本の料理店であることを強調するために、看板などは「ぎょうざの王将」と「餃子」をひらがな表記している。2008年8 月現在、大連商場店(1号店)、開発区店、人民路店、英華街店、金州店と5店舗にまで成長した。2009年現在、全店舗黒字という偉業を達成し、外食不況の外食産業からより一層注目されている。

業態はセントラルキッチンシステムで、餃子の餡や皮、ラーメンの麺などが各店舗に供給される。皮に包むのは各店で行っている。 餃子等の全店共通基本メニュー以外のメニューは各店舗の店長に裁量が認められているため、店舗によってメニューがかなり異なり、中京圏での台湾ラーメン等、「ご当地メニュー」もしばしば存在する。そのため全店での統一したレシピが無く、同じメニューでも店によって味が全く違うことがよくある。なお2000年初めごろからセントラルキッチンの食材を大幅に増やしたが、王将らしさがなくなり不評となり、従来の厨房での調理がメインになった経緯がある。 餃子と名のつくだけに、焼餃子が看板メニューである。ニラよりにんにくを利かせた餃子で、たっぷりの肉とキャベツなどを細かく刻み混ぜこんだ餡は、食べた時に肉汁が口の中に広がる。その美味しさは、関西で「餃子といえば?」と聞くと「王将」と言われるぐらいに支持されている。安くてボリュームがあるため、若者からの支持が高く、特に関西地区で学生時代を過ごした男性にとってはソウルフード的な存在である。また、生餃子を店舗で購入して自宅で焼いて味わう者も少なくない。 関東では、東京ラーメンが一般メニューに加わっている。また、餃子200円(210円)が220円(231円)、炒飯350円(367円)が400 円(420円)等、餃子や一品などの料理の値段が割高である(括弧内は、消費税等込価格)。 各店の特徴は様々である。本拠地の京都では「京都=学生」という形で、いわゆる貧乏学生に対しては様々な商品を提供している。ボリュームの多い定食はもちろんの上、制限時間内完食で無料(いわゆるチャレンジメニュー)や、皿洗いを30分することを条件とした無料の食事、大学限定メニュー(学生証の提示が必要)などが存在する。 飲料会社のアサヒビール・アサヒ飲料と資本提携している。アサヒビールが筆頭株主で、アルコール類やソフトドリンクなどのブランドはアサヒで、またグラスなどに刻印されている王将のロゴマークはアサヒビールのそれに似ている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 餃子の王将 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4